組子胡麻柄

大湊文吉商店について

創業100年を超える伝統が培ってきた木と紙にかかわる匠の技

明治初頭、初代大湊文吉が加茂の産品であった和紙を利用し、柿渋から抽出したものを紙に塗った「渋紙」の製造卸がその創業となります。 その後、昭和に入り二代目文吉が表装屏風の製造卸を始め、昭和50 年代には、それまでの純和風の調度品だけでなく、和洋折衷デザインの障子屏風を開発、製造。 平成17年より新潟県発海外ブランド「百年物語」に参加し、世界市場への展開も果たしております。

ファニーワークスについて

木と紙の匠が織りなす、上品で美しい大人モダンなプロダクト

大湊文吉商店で働く、社員たちで始めた「新商品開発部」。それが、ファニーワークスのはじまりでした。職人が繊細な技でつくり出す組子は、プロダクトをより一層美しく際立たせます。また、近年はSDGsに寄り添い、端材を活用した商品づくりにも取り組んでいます。

ファニーワークスについて さらに詳しく

人気商品ランキング

おすすめ商品

SNS

お知らせ

2022/10/03
オンラインショップのデザインをリニューアルいたしました。
商品のカテゴリーも一新し、より使いやすくなっております。